Atmel Automotive Solutions for Under the Hood Applications

「ボンネット下」アプリケーションには、エンジン室内で 125℃、エンジン自体にマウントされたときに 150℃で動作する高温パーツが必要です。パーツは 24V のジャンプスタートによる過電圧や、充電システムのトラブルシューティングのためにエンジンを作動させたまま整備士がバッテリーを取り外すときに生じる負荷遮断によるかなりの過渡電流に耐えなければなりません。さらに、システムはクランクパルス中の低電圧状態でも機能しなければなりません。この場合、バッテリー電圧は 12V から 5V にまで下がることがあります。

一般的な「ボンネット下」アプリケーションには、電子ギア転換装置、デュアルクラッチ、始動-停止システム、電子パワーステアリング、ポンプシステム、送風機、ヒーター、VNT、および EGR (排気再循環) アクチュエータ、横滑り防止機構があります。

特長とメリット

  • 高温耐性
  • SBC (システムベースチップ) アーキテクチャによりコンポーネント数を削減
  • 幅広い電圧範囲と強力な EMC (電磁両立性)
  • LIN 準拠テスト認可

Atmel 製品

「ボンネット下」アプリケーション向けの Atmel ソリューション


送風機とファン

燃料 / 水 / 油 / 水圧ポンプ

ターボチャージャー