産業用センサーは、工場自動化システム内のオブジェクトまたは回転軸の検出、位置合わせ、識別するために必要な電子機器です。電磁誘導、磁気抵抗、静電容量式、光学、圧力、超音波などのさまざまな技術を利用します。産業用センサーは以下の事項を必要とします。

  • 較正値のための不揮発性ストレージ
  • 小さな PCB サイズ
  • 正確なアナログ計測
  • 信号状態調整のための計算能力
  • IO-Link などの新興の規格のためのデジタル通信インターフェース
  • オプションのアナログ出力信号
  • 長い製品寿命
  • セキュア識別と認証された機密通信のためのオプションのハードウェア認証製品

Atmel® は、設計者が Atmel AVR® ファミリーのマイクロコントローラーでさまざまなセンサーアプリケーションのニーズに応えられるようになることをお約束します。

機能とメリット

  • DNF 2x2x0.5mm まで小さくなったフォームファクター
  • オンチップの True EEPROM を提供
  • ADCと微分計測とオプションの増幅段
  • 内部アナログ基準電圧は気温が変化しても一定のまま
  • 効率的な 8-/16 ビット CPU が消費電力を抑制
  • ダイレクトメモリアクセス(DMA)をサポートするシリアル通信インターフェース
  • 内部デジタルアナログコンバーター (DAC) とパルス幅変調 (PWM)
  • Atmel CryptoAuthentication ファミリーは、ルートキーのための安全な格納庫と認証のためのセキュアメカニズムを低コストで簡単に実装できるソリューションです。

産業用センサーデバイス

Atmel マイクロコントローラーと HMT トランシーバーの IO-Link 対応センサー: HMT  および  MESCO Engineering と密接に連携することにより、 Atmel は AVR マイクロコントローラーをベースにしたターンキーソリューション、  HMT7442 IO-link トランシーバーおよび最適化された IO-Link デバイス MESCO ソフトウェアスタックを提供します。

sensors_diagram.jpg


IO-Link は、制御装置をセンサーとアクチュエーターに接続するための、新しい工業用通信規格です。この規格は、一般に使用されているバイナリスイッチ信号との後方互換性があり、双方向デジタル通信を提供します。これらの新しい機能は、簡単な配線、リモート診断や設定など、エンドユーザーにとって数々の利点があります。

多くのセンサー設計者にとって、物理的なサイズの制約が、IO-Link 機能を統合するための主なきっかけとなっています。Atmel、HMT、MESCO Engineeringは、TM96.0 GENIE Explorer Variant A リファレンス設計を提供するにあたり、基板スペースを節約することに焦点を当ててきました。サイズはたったの 6 x 20 mm。これは今日、業界で最も小さなリファレンス設計です。この複合的なソリューションには以下が含まれます:

  • 小型サイズ
    • HMT PHY 3x4mm MLPD パッケージ
    • 4x4mm QFN の 8KB フラッシュ付き AVR マイクロコントローラー
    • シングルパッケージソリューションへの道
  • 部品表の削減
    • 逆極性保護を内蔵
    • サージ保護を内蔵
    • 外部水晶不要
  • 製品化の迅速化
    • 完全に承認された、相互運用可能な、十分に維持されているソフトウェアスタック
    • 実証済みハードウェアプラットフォーム
    • コンパイル済みライブラリとデバッグ機能を備えた評価キット
  • 柔軟性
    • 多様な AVR デバイスから選択できるため、アプリケーションに最適なものが見つかります

リファレンス設計の詳細は、次のリンクをクリックしてください こちら。

Atmel 製品

マイクロコントローラーセキュア認証
tinyAVR
megaAVR
AVR XMEGA
AVR UC3  L シリーズ 32 ビット
CryptoAuthentication

リファレンス設計とツール

独自のソリューションを作成および設計するための第一歩として、当社のリファレンス設計、ソフトウェアツール、その他のリソースをご利用ください。

IO-Link リファレンス設計: TM96.A.Genie Explorer Variant A

TM96.0-A リファレンス設計は、Atmel、HMT、MESCO ソリューションの高度な統合を実証します。IO-Link デバイスとして機能し、システムに刺激を与えるためのプッシュボタン、LED2 つ、電位差計を備えています。このリファレンス設計は、Atmel tinyAVR88 マイクロコントローラー上で MESCO IO-Link スタックを実行し、HMTのHMT7742 PHY IC を使用して IO-Link ケーブルで通信を行います。リファレンス設計で使用される実装は、逆極性を維持したり、IEC 60255-5 規格で定義されている EMC サージ保護に準拠したりするための、外部の保護を必要としません。このため、TM96.0 は、Atmel-HMT-Mesco ソリューションを評価するための最適なツールなのです。

io_link_designA.jpg

詳細については、 www.hmt.ch/genie-explorer を参照してください。

IO-Link 評価キット: TM96.B.Genie Explorer Variant B

TM96.0-B 評価キットを使用して、ハードウェアとソフトウェアの設計者はこのIO-linkセンサーアプリケーションを開発、テスト、デバッグすることができます。TM96.0B は、IO-link トランシーバー HMT7742 と Atmel ATmega328P を備えています。システム内プログラミングに必要なコネクタはすべて付属しており、無料の Atmel AVR StudioIDE および Atmel AVR Dragon または Atmel JTAGICE-mkII を使用したデバッグをサポートします。評価キットにはコンパイル済みの MESCO ライブラリソフトウェアが付属しており、WinAVR GCC コンパイラーを使用してメインアプリケーションにリンクさせることができます。詳細については、 www.hmt.ch/genie-explorer にアクセスしてください。

io_link_designB.jpg

リファレンス設計

[ + ] SAM4LC によるワイヤレスサーモスタットのリファレンス設計


[ + ] MEMS マイクロフォンセンサーをもつオーディオレコーダーのリファレンス設計


Atmel ソリューション アプリケーションノートデバイス、そして ツールとソフトウェアを参照してください。