1986 年に導入されたコントローラエリアネットワーク (CAN) テクノロジーは、本来オートモーティブエンジン制御通信用でした。医療機器、航空電子、工場および産業用オートメーション、海洋環境などの幅広く成長するアプリケーションをサポートするため、急速に注目度が高くなってきました。

Atmel は、CAN ネットワーキングの幅広い経験とともに、広範囲はポートフォリオ 8051 マイクロコントローラーフラッシュで CAN ネットワーキングをサポートする安定した位置に付いています。

例えば、AT89C51CC01、AT89C51CC02、 AT89C51CC03 が 5V で 5 MIPS を、 16KB~64KB フラッシュを提供しています。これらは、近接センサー、DeviceNet I/O などの幅広いスレーブアプリケーション、繊維機械 I/O、その他多くのアプリケーションをサポートすることができます。

低電圧アプリケーションでは、以下のコントローラーが、2.7 ボルトから最大 3.3MIPS まで維持します。

最小限の DeviceNet または CANopen スレーブスタックを使用する場合、 スモールピンカウントパッケージにパッケージ化された、16KB フラッシュと 0.5KB RAM + シンプル 4 メッセージオブジェクト CAN エンジン付きの AT89C51CC02 が、ローエンドアプリケーションとして最適です。CAN コントローラプッシュボタンには、ローコスト製品が最適です。

AT89C51CC01 は、32KB フラッシュと 1.2 KB RAM 機能があり、スレーブアプリケーションには最適な位置付けとなっています。CANopen または DeviceNet スタックより上位のアプリケーションには、少なくとも 3 MIPS を残した 2KB のブートフラッシュを提供します。チップは、8 チャンネル 10 ビット A/D コンバーター、3 つのタイマー、5 チャンネル高速入力/出力タイマーユニット、32 I/O となっています。15 メッセージオブジェクトと 1.2KB RAM により、複雑な I/O システムに最適なチップとなっています。

AT89C51CC03 は、アプリケーションプログラムには 64KB フラッシュを、より大きなオブジェクトディクショナリーには 2KB RAM を提供しています。内蔵 SPI ポートは、その他のデバイスとの通信をサポートします。15 メッセージオブジェクト、2KB ブートローダー、2KB EEPROM 機能があります。

 
デバイス
説明

Enhanced 8-Bit MCU with CAN Controller and Flash Memory

Enhanced 8-Bit Microcontroller, CAN Controller, and Flash Memory

Enhanced 8-Bit Microcontroller with CAN Controller and Flash