ECC ベースの暗号化エレメント

高度なセキュリティハードウェア認証デバイスである Atmel CryptoAuthentication ファミリーの Elliptic Curve Cryptography (ECC) 暗号化エレメントデバイスは 2 種類あります。 ATECC508A と ATECC108A です。

ATECC508A
ATECC508A 暗号化エレメントは ECDH (Elliptic Curve Diffie–Hellman) 鍵共有を統合した初の暗号化デバイスで、ホームオートメーション、産業ネットワーキング、アクセサリおよび消耗品認証、医療、モバイル、およびその他のアプリケーションで使用されるモノのインターネット (IoT) ノードを含むデジタルシステムに機密性 (暗号化/復号化) を簡単に追加できます。ECDH の他にも、ATECC508A には安全性の高い非対称認証を提供する ECDSA 署名検証機能が組み込まれています。ECDH と ECDSA の組み合わせにより、ソフトウェア内で暗号化/復号化アルゴリズム (つまり AES) を実行する MCU または MPU と一緒に使用すると、デバイスは機密性、データ整合性、および認証などのセキュリティ三大要素をすべて提供することができます。すべての Atmel CryptoAuthentication 製品と同様に、新しい ATECC508A は、ソフトウェアベースのキーストレージよりも安全な超セキュアなハードウェアベースの暗号化キーストレージと暗号化対策を採用しています。この次世代 CryptoAuthentication デバイスは、Atmel | SMART および Atmel AVR MCU または MPU など、すべてのマイクロプロセッサ (MPU) またはマイクロコントローラー (MCU) と互換性があります。すべての CryptoAuthentication デバイスと同様に、ATECCC508A は消費電力が極端に少なく、幅広い電圧範囲に対して 1 つの GPIO のみを必要とし、その小さなフォームファクターは、長いバッテリ寿命や柔軟なフォームファクターを必要とするアプリケーションなど、さまざまなアプリケーションに適しています。ATECC508A は ATECC108A、ATECC108、ATSHA204A、および ATSHA204 暗号化エレメントデバイスと後方互換性があります。

メリット

  • ECDSA および ECDH 鍵共有を簡単に実行
  • ECDH 鍵共有により暗号化/復号化が簡単
  • IoT ノードセキュリティに最適
  • ホスト内にセキュアストレージを置く必要がない認証
  • クライアントデバイスでの高速計算が不要

ATECC108A
ATECC108A 暗号化エレメントは、NIST B283 または K283 ECC 曲線を使用するお客様用に設計されています。NIST P256 曲線の採用を検討しているシステム設計者は、ATECC508A を使用する必要があります。ECDH 演算も含まれているためです。ATECC108A はピン対ピン置換で、ATSHA204A および ATSHA204 暗号化エレメントデバイスと後方互換性があります。

 
デバイス
説明

Elliptic Curve (ECC) asymmetric crypto element with ECDH, ECDSA, and hardware key storage

Elliptic Curve (ECC) asymmetric crypto element with ECDSA and hardware key storage