高速で、セキュアで、コスト効率の高い対称認証

Atmel SHA ベースの CryptoAuthentication 暗号化エレメントデバイスは、柔軟なユーザー設定セキュリティを提供して幅広い認証モデルを有効にするように設計されています。ATSHA204A は SHA デバイスグループの初のデバイスです。ATECC108A および ATECC508A は、ATSHA204A のスーパーセットで、上位互換です。すべての CryptoAuthentication デバイスと同様に、ATSHA204A では、暗号化の専門知識を必要とせずに、簡単に設計できます。

Secure Hash Algorithm (SHA) アルゴリズムは、ほとんどの暗号化システムで広く使用されており、現代の多くの認証プロトコルで重要なコンポーネントとなっています。これらのデバイスは SHA-256 標準をサポートします。ATSHA204A は、Atmel CryptoAuthentication ポートフォリオで最もコスト効率の高いソリューションです。HA-256 ハッシュアルゴリズムと 4.5Kb EEPROM を統合し、セキュアキー/データストレージを使用して堅牢なハードウェア認証を提供します。小型パッケージとシングルワイヤインターフェースにより、携帯電子システムやスペースが限られた組み込みシステムに適したデバイスとなっています。

SHA モードの CryptoAuthentication デバイスは、マイクロコントローラーからキーストレージとアルゴリズム実行の負担を減らすクライアントおよびホストセキュリティ機能を備えており、システムコストと複雑さが緩和されます。SHA ベースの対称認証は非対称方式に比べると高速で、重要な考慮事項である速度 (およびコスト) の点で ATSHA204A は優れています。CryptoAuthentication デバイスは、内部回路のすべてを覆うフルメタルシールドを持っているため、攻撃者がシールド内の配線を切ったりショートさせたりすると製品が機能を停止するようになっています。その他のセキュリティ機能として、内部クロック、電圧生成、暗号化メモリ、改ざん検出、および完全にセキュアな実働テストメソッドが用意されています。ATSHA204A により、フルシステムソリューションを提供するホスト側セキュリティの実装は、これまでにないくらいに簡単になりました。

メリット

  • コスト効率の高い対称認証ソリューション
  • 高速認証
  • 簡単なキー管理

 
デバイス
説明

Client/Host authentication IC with EEPROM