はじめに

ここでは、本製品の評価および作業を開始するために理解する必要がある内容のすべてをご紹介しています。

Atmel AVR MCU がシンプルでどこにでも使える理由

» 詳細説明

ワイヤレス通信

効率的なワイヤレスアプリケーションには、高性能と省電力が必要です。Atmel トランシーバーは、最高の RF接続性能を、最小の消費電力で提供します。

さらに、Atmel は、最も機能の豊富な IEEE 802.15.4 準拠トランシーバーファミリーを提供します。Atmel のトランシーバーは、地域のサブ1GHz 周波数とグローバルの 2.4GHz 周波数帯域の両方をサポートします。これにより、中国のような急成長市場を含めた世界中の顧客をターゲットに、ワイヤレスアプリケーションを作成できます。

性能強化

アンテナダイバーシティや外部パワーアンプなどのパワフルなハードウェア機能のサポートにより、トランシーバー性能をさらに高め、ネットワークの信頼性とシステムの RF 範囲を最大にします。Atmel トランシーバーは、IEEE 802.15.4 準拠アプリケーションをサポートするだけでなく、汎用 ISM アプリケーション用に最大 2 Mbit/s のオンエアデータレートを提供しています。

システム開発や試作の時間を短縮するため、Atmel は、さまざまなフリーソフトウェアのパッケージ、ハードウェア評価および開発キットや RF モジュールを幅広く提供しています。

主要な製品

AT86RF212B は、日本、中国、ヨーロッパ、北米で使用できる700/800/900 MHz 地域周波数帯域用の、低電力、低電圧 RF トランシーバーです。このトランシーバーは、低コスト IEEE 802.15.4、ZigBee、6LoWPAN、高いデータレート ISM (産業、科学、医療) アプリケーション用に設計された120 dBと極端に広い接続性能 (-110 dBm レシーバー感度 / 10 dBm 送信電力) を提供しています。

Atmel AT86RF233 トランシーバーは、世界中で利用可能な 2.4 GHz ISM 帯域で動作するよう設計されています。デバイスは ZigBee Pro および ZigBee IP 用に使用される物理レイヤーをサポートします。4 dBm の送信電力と -101 dBm までのレシーバー感度により、105 dB の接続性能を実現できます。

AT86RF215 はデュアルバンドのサブ1GHz/2.4 GHz トランシーバーで、IEEE 802.15.4g-2012 および ETSI TS 102 887-1 に準拠しています。14 dBm の出力電力と -123 dBm までのレシーバー感度により、最大 137 dB までの素晴らしいリンクバジェットを実現できます。デバイスは、マルチレートで多数地域の周波数偏移変調 (MR-FSK)、直交周波数分割多重 (MR-OFDM)、オフセット直交位相偏移変調 (MR-O-QPSK) の 3 つの変調スキームによるさまざまなデータレートをサポートすることで高度な柔軟性を提供します。サブ1GHz および 2.4 GHz での同時動作により、スマートメータリング、スマート照明、ホームエネルギーゲートウェイ、およびその他の産業およびオートメーション機器において、新しい機能と正しいコスト構造が可能になります。

機能、主要なパラメーター、対象アプリケーションの概要については、特定のトランシーバーのページを参照してください。

 
デバイス
説明

Low power 700/800/900MHz Transceiver for IEEE 802.15.4-2011, ZigBee Pro, 6LoWPAN, and ISM Applications

Low Power 2.4GHz Transceiver for IEEE 802.15.4-2011, ZigBee, 6LoWPAN, and ISM Applications

Sub-1GHz and 2.4GHz Transceiver and I/Q Radio for IEEE 802.15.4-2011, IEEE 802.15.4g-2012, ETSI TS 102 887-1, ZigBee, 6LoWPAN, and ISM Applications

Sub-1GHz Transceiver and I/Q Radio for IEEE 802.15.4-2011, IEEE 802.15.4g-2012, ETSI TS 102 887-1, ZigBee, 6LoWPAN, and ISM Applications

Sub-1GHz and 2.4GHz I/Q Radio