ハードウェアセキュリティを実装する理由

 

答えはとても単純です: ハードウェアキーストレージは、ソフトウェアキーストレージに必ず勝るからです。

暗号セキュリティは、計算上の高度さと複雑さからなる分野です。しかし、暗号化の最も基本的な原理は、非常にわかりやすいものです。つまり、セキュリティは、秘密鍵が安全に保管されていれば強力なのです。ソフトウェアに保管される鍵は常にソフトウェアバグに対して脆弱で、ハッカーなどのサイバー窃盗犯に攻撃されてしまいます。セキュリティ専用に設計されたソフトウェアでも、最近の膨大なデータ漏えいが証明しているように、安全ということは決してありません。一方、ハードウェアキーストレージは、1 つの重要で基本的な目的を持って設計されています。それは、攻撃に対して洗練された一連の対策を採用している改ざん防止ハードウェアに秘密鍵を保管して保護することです。つまり、ハードウェアキーストレージを利用すれば、攻撃者はキーストレージデバイスの強固なハードウェアバリアの内部に何があるかを見ることができません。ここが重要なポイントです。なぜなら、攻撃者は、見えないものは攻撃しないからです。このように、単純なことなのです。

 

Atmel の業界先進の セキュリティデバイスは、 幅広い分野向けに設計されており、 エコシステムコントロールでは OEM またはライセンスされたノードとアクセサリのみを動作させ、 メッセージコントロールと認証では ノード認証を可能にしてデータ完全性を保証し、 セキュアブートとダウンロード暗号化では 送信中のコードを保護して到着したときに認証し、 クローン防止および IP 保護では 同一のパーツや不適切なコードなどによる製品の作成を防ぎます。柔軟性、高度な機能、コスト効率の高いアーキテクチャ、超セキュアなハードウェア防御メカニズムにより、 Atmel CryptoAuthentication™ と トラステッドプラットフォームモジュール (TPM) デバイスでしっかりと信頼性を強化することができます。

 

セキュアテクノロジーブログ

 

その他の関連ブログについては、 セキュリティ / 認証 ブログサイトをご覧ください。