世界を変えるワイヤレス技術

 

標準準拠が重要なカギに

効果的で効率的なワイヤレスアプリケーションには、標準化技術、広範囲の周波数をサポートする強力なトランシーバー、および高性能と低消費電力の最適なバランスを保つデバイスが必要です。Atmel ワイヤレス技術は、標準準拠が重要となる、需要の高い以下の 4 つのワイヤレス分野に対応しています。

Atmelは、自動メータリング、警報システム、ホームコントロールアプリケーション、おもちゃ、ゲーム機器など、独自の(標準規格に準拠しない)ワイヤレスの工業用と民生用の機器をターゲットとするSmart RFデバイスも開発しています。

 

Atmel 802.15.4 MCU 標準サポート

Atmel 802.15.4 MCU デバイスは、ワイヤレスパーソナルエリアネットワーク (WPAN)、産業、医療、ビルディングオートメーション、セーフティアプリケーションなど、低コスト、低電力、低データ転送速度の IEEE 802.15.4 および ZigBee 準拠のワイヤレスコントロールおよびセンサーネットワークアプリケーションのニーズに対応しています。

IEEE 802.15.4
IEEE 802.15.4規格は、低データレートで低消費電力の複雑でない短距離高周波(RF)伝送を使用するデータ通信デバイスのためのプロトコルおよび互換性のある相互接続を定義しています。

ZigBeeおよびRF4CE
ZigBeeは、オープンでグローバルなパケットベースのプロトコルです。セキュアで信頼性が高く低消費電力のワイヤレスネットワークに向け、使いやすいアーキテクチャを提供します。ZigBee規格は、IEEE 802.15.4物理仕様に基づき、2.4GHz または 700/800/900MHz の無許可無線帯域を対象としています。それぞれのデバイスは、ZigBeeの認証試験に合格するためにバッテリーは少なくとも2年間の寿命を持つ必要があります。

ZigBee RF4CE規格は、IEEE 802.15.4規格を拡張したものです。単純なネットワーキング層および標準アプリケーションプロファイルを提供し、相互運用可能な複数ベンダーの民生機器を作製するために使うことができます。

Atmelは、IEEE 802.15.4準拠およびZigBee認定のワイヤレスRFトランシーバー、AVRおよびARMマイクロコントローラー、シングルチップワイヤレスマイクロコントローラー、バンドル、およびフル装備のZigbitモジュールの全製品ラインを提供します。

128ビットAES
データセキュリティはワイヤレスネットアプリケーションにおいて重要であるため、ZigBee RF4CE規格は128ビットAESデータ暗号化を義務付けています。しかし、エンコード処理とデコード処理で貴重な計算リソースが使われ、チップの性能が遅くなってしまいます。Atmelのオンボードの暗号化エンジンは、暗号化と復号化を10倍速くすることができるため、デバイスの処理時間が短くなります。暗号化は性能に影響を与えずに高速通信に加えることができるため、ワイヤレスおよびバッテリー駆動機器には最適です。これらはセキュアで暗号化された通信と低消費電力を必要とするからです。

無料でダウンロード可能な 802.15.4 MCU ソフトウェアスタック
Atmelは、IEEE 802.15.4 MAC、ZigBee RF4CE、ZigBee® PROなどの、無料ですぐに使える IEEE 802.15.4準拠のソフトウェアスタックを備えたワイヤレスMCUハードウェアをサポートします。さらにAtmelは、ZigBee Remote Control プロファイルソフトウェアとBitCloudプロファイルソフトウェアのスイートを提供します。このソフトウェアスイートは、ZigBee Smart Energy、ZigBee Building Automation、ZigBee Home Automation 対応の完全に機能するリファレンス インプリメンテーション一式を含みます。これらのツールは、スマートエネルギー、ビルディングオートメーション、ホームオートメーション製品開発を迅速化し、製品化までの時間を短縮します。これらのソフトウェアスタックは 当社の IEEE 802.15.4 ワイヤレスソフトウェアページからダウンロードできます。 .

 

Atmel WIFI 802.11 MCU 標準サポート

IEEE 802.11 は、ワイヤレスローカルエリアネットワーク (WLAN) コンピューター通信を実現するためのメディアアクセスコントロール (MAC) および物理レイヤー (PHY) 仕様のセットです。これは、IEEE LAN/MAN Standards Committee (IEEE 802) によって作成および保守されています。

Atmel SmartConnect Wi-Fi ポートフォリオは、内蔵型低電力認定モジュールのファミリーで、これによりワイヤレスインターネット接続をあらゆる組み込み設計で実現できます。これらの集積化モジュールは、802.11、IP スタック、RF を使用した経験がないが Wi-Fi 接続を集積したいと考えている設計者には最適です。SmartConnect Wi-Fi により、コストや電力消費について妥協せずに WLAN 接続を統合する必要があるバッテリー駆動のさまざまなデバイスやアプリケーションに対して、モノのインターネットへの扉が開かれます。

Atmel の WILC Link コントローラー は、UART、SPI、I2C、および SDIO を含む複数のペリフェラルインターフェースとそれに関連するクラウド対応の接続ソフトウェアを提供し、Android または Linux MPU を稼働しているあらゆるマイクロプロセッサー (MPU) で完璧なワイヤレス接続を実現します。

  WINC ネットワークコントローラー は、デバイスがネットワークサービススタックと Wi-Fi スタックをホストできるようにする組み込みフラッシュメモリを備えており、設計開発を迅速に進められます。さらに、このファミリーはオンチップネットワークスタックを提供し、ホストの CPU 要件を最小限に抑えています。ネットワーク機能には、TCP、UDP、DHCP、ARP、HTTP、SSL、および DNS があります。WINC デバイスは、バッテリー駆動型デバイス、スマート家電、ヘルスケア、ホームオートメーション、家電製品、産業オートメーションなどの、IoT が適用できる分野向けに最適化されています。WINC デバイスは、すべての Atmel AVR® または Atmel | SMART MCU と組み合わせることができます。

また、Atmel SmartConnect ポートフォリオは下記のアイテムも提供しています。 スタンドアロン Wi-Fi IP (WILC1000/WINC1500/SAMW25) または コンボ WiFi-BT/BLE (WILC3000/WINC3400)Atmel の Wi-Fi/Bluetooth コンボソリューションは低電力アプリケーション向けに最適化されており、シングルストリーム 802.11n モードをサポートし、最大 72 Mbps のスループットを提供し、幅広い用途に対応しています。どちらの製品も、電力増幅器、LNA、スイッチとパワーマネジメントユニットを統合しており、最高水準の統合と最大範囲をカバーするベストリンクバジェットを開発者に提供します。WILC3000 および WINC3400 は、部品数を少なくするために最大限の統合を行っています。必要になる唯一の外部クロックソースは、広範囲のリファレンスクロック周波数 (14-40 MHz) をサポートする高速クリスタルまたはオシレーターと、スリープ操作用の 32.768 kHz クロックです。

WINC ネットワークコントローラーファミリーはオンチップネットワークスタックを提供し、ホストの CPU 要件を最小限に抑えています。ネットワーク機能には、TCP、UDP、DHCP、ARP、HTTP、SSL、および DNS があります。バッテリー駆動型デバイス、スマート家電、ヘルスケア、ホームオートメーション、消費者家電製品、産業オートメーションなどの IoT が適用できる分野向けに最適化されています。

ソフトウェアおよび関連製品については、次の製品ページを参照してください: http://www.atmel.com/products/Wireless/wifi/smart-connect.aspx

Atmel │ SMART SAM W25 完全統合されたシングルソースの MCU + IEEE 802.11 b/g/n Wi-Fi ソリューションと Atmel Studio 6 開発ツール。数年にわたって使用できるバッテリー駆動のエンドポイントを提供します。

WILC1000 IEEE 802.11 b/g/n IOT リンクコントローラー SoC は、既存の MCU ソリューションに最適なアドオンで、UART または SPI-to-WiFi インターフェースを通して WiFi を使用可能にします。

WILC3000 IEEE 802.11 b/g/n/BT 4.0 IOT リンクコントローラーは高度に最適化された 802.11-Bluetooth 共存プロトコルを利用しており、UART、SPI、I2C、および SDIO を含む複数のペリフェラルインターフェースを提供します。

WINC1500 IEEE 802.11 b/g/n IOT ネットワークコントローラー SoC は、既存の MCU ソリューションに最適なアドオンで、UART または SPI-to-WiFi インターフェースを通して WiFi およびネットワーク機能を使用可能にします。

WINC3400 IEEE 802.11 b/g/n/BT 4.0 IOT ネットワークコントローラー SoC は高度に最適化された 802.11-Bluetooth 共存プロトコルを利用しており、ネットワーク機能/BT サポート、UART、SPI、I2C、および SDIO を含むインターフェースを提供します。

 

Atmel SmartConnect Bluetooth® Low Energy 4.x MCU 標準サポート

Atmel の最新の低電力 BLE ソリューションである Atmel │ SMART ARM® Cortex®-M MCU ソリューションは、ウェアラブル、小売店ビーコン、ワイヤレスセンサーネットワーク、ホームオートメーション、フィットネス、健康監視デバイス、PC、電話周辺機器などのアプリケーションに最適です。

» Atmel BLE ソリューションの詳細

ソフトウェアと関連製品の情報については Bluetooth 製品ページを参照してください

BTLC1000 - BLE4.1 リンクコントローラー SoC は BLE 接続を追加するためにあらゆる Atmel ホスト MCU に使用でき、またその ARM Cortex-M0 は外部メモリと組み合わせると、組み込み BLE を備えたスタンドアロン MCU として機能できます。

SAMB11 - 128KB の RAM、256KB のスタックフラッシュ、および ROM 内に完全に組み込まれた BLE4.1 プロトコルスタックを持つ ARM Cortex-M0 MCU

 

Atmel RFID ワイヤレス標準サポート

Atmel RFIDデバイスは、125 kHz、134.2 kHz、および13.56 MHz帯域幅で動作する非接触型RFID製品の需要を考慮して開発されており、ISO 14443-B規格をサポートしています。

ISO 14443-B
ISO/IEC 14443Bは、非接触型ICカード用の動作パラメータを規定する一連の規格のひとつで、国際インターチェンジや製品認証、患者の安全性、顧客のロイヤルティ等の分野で使われます。このインターフェースには、近接型カードと近接型結合デバイスの間の信号特性が備えられています。最大で10 cmまでの範囲をサポートする双方向通信を使います。

Atmel CryptoRF®
RFIDアプリケーションには、絶対的なセキュリティが必要です。Atmelは、ISO 14443-B規格準拠のCryptoRF®13.56 MHz RFIDデバイスでプライバシーを確実に保護します。これらのデバイスは、組み込みの64ビット暗号化エンジン、二重認証機能、最大64 Kビットのメモリを備えており、それぞれ16個の構成可能セクターが付いています。既存のRFIDカードモジュール用に、RFIDタグと薄型ウェーハを備えたCryptoRFを購入できます。

無料でダウンロードできるCryptoRFワイヤレスソフトウェアスタック Atmelは、包括的なCryptoRFリファレンス設計と、デモンストレーションキット、アプリケーションソフトウェアでCryptoRF RFIDハードウェアをサポートし、既存の製品への実装を迅速化します。CryptoRF API は CryptoRF 開発ライブラリページからダウンロードできます
» セキュアテクノロジーについての詳細